エニアグラムと脳内科学物質

各タイプ
三大神経伝達物質 (
セロトニン・ノルエピネフリン・ドーパミン)
   の活性の高低によって決定しています。


さらにタイプは人間の気質・行動・価値観・個性・生き方に大きな関係があるこがEric S. Schulze, MD, Ph.D., Tina Thomas, RN, DCSW らに
よって科学的に解明されています。

エニアグラム・インスティチュート(米)は、
エニアグラムの9つの気質・価値観は生物学的、
または遺伝学的に証明できるとし、
エニアグラムによって定義された9つタイプは、
セロトニン・ノルエピネフリン・ドーパミンという
3つの神経伝達物質の活動の高低に
相関関係があることを、HP上で研究成果として発表しています。

各神経伝達物質毎の活動の高低によって
      各タイプをグループとして分類しています。(下記参照)

三大神経伝達物質

セロトニン
人間の精神面に大きな影響与え、
精神の安定や安らぎをもたらしてくれる物質です。
幸せホルモン』とも呼ばれます。セロトニンの約90%は小腸に存在しており、
約2%ほどが、脳内の中枢神経に存在しています。

 

ノルエピネフリン
激しい感情や人体がストレスを感じたときに、交感神経の情報伝達物質として放出される物質です。神経を興奮させる神経伝達物質で「やる気」や「意欲」を高める反面、「不安」「恐怖」「緊張」といった
感情・精神状態とも深い関係があります。
怒りのホルモン』とも言われ、また、ストレスホルモンの一種でもあります。

 

ドーパミン
快感やる気、学習能力、運動機能や記憶力といった働きを司る『報酬系』と言わる神経伝達物質です。アドレナリン、ノルアドレナリンの前駆体でもある。
運動調節、ホルモン調節、快の感情、意欲、学習などに関わる。

 

  タイプ セロトニン ノルエピネフリン ドーパミン
ガッツセンター(本能) Type8 Low Low High
Type9 High Low Low
Type1 Neutral Low Neutral
ハートセンター(心) Type2 High Neutral Neutral
Type3 Neutral Neutral High
Type4 Low Neutral Low
ヘッドセンター(思考) Type5 Neutral High Low
Type6 Low High Neutral
Type7 High High High

                              出典:Enneagram Institute